Codex Barbèsレコーディングと「核のない人」のことについて

間もなくCodex Barbèsのレコーディングがスタート。来週その第一弾4曲の録りと来月第二弾のプリプロのため、録りの準備と新曲作りを同時進行中。あんまり寝てないのですが、明日はとても大切な日のひとつだと思うので…

 

核がない!…という人(年齢経験性別身分職業人種国籍を問わず)のことについて考えてみました。

 

・人種国籍で他人を差別をする
・外からの脅威を煽るデマを吐く人や情報機関の常套手段な言葉に簡単に煽られる
・内省ができないしたくないので過去の不都合な事実はなかったことにしたがる
・どこにもないはずのカラの札束をチラつかされただけなのに自分へのおこぼれをまず期待する
・他人の言葉を聴くことができず議論をすることもできずただひたすら自分の知っている言葉だけを呪文のように唱え続ける
・上のような人の唱える呪文をなんの疑問も持たず簡単に信じ込む

 

これらの人は自分の内に核を持っていないのでいつも不安で仕方がない。なので本当はいつも浮足立っている。でも自分が不安でいつも浮足立っていることを他 人には知られたくないので、その場その時でより強そうに見える者のそばに群れたがる。そしてその強そうに見える者の言葉を簡単に受け入れて、それをあたか も自分の考えであるかのように思いこみ、他人にもその考えを強要するようになる。

 

その核のない人は、自分はきちんと考えて今の考えに至ったと思いこんでいる。でもその人は「考える」ということには2種類あるということに多分気づいてい ない。ひとつは「思考する」こと。もうひとつは「反応する」こと。自分では「思考」しているつもりでも実はただ「反応」しているだけの場合がたくさんあ る。核のない人はいつも不安で浮足立っているので、じっくり「思考」している余裕なんか頭にも心にも持っていない。なので核のない人はひたすら「反応」だ けしかできなくなってしまう。その人が「反応」だけで得たその考えは「思考」して得たものではないので決してその人自身のものではなく、何かを得たつもり でもやっぱり内の核は空っぽなまま。なのでやっぱり不安から逃れることができず、核のない不安を消してしまおうとますます必死にその考えに固執する。

 

今、目の前で世界中のいろいろな場所で起こっている、それに過去のいろいろな場面で起こってきたことというのは多分こういうことでしょう。

 

さて核のない不安な人たちに幸せな時は訪れるのでしょうか?

 

自分の盲信した「他の誰かの考え」が世の中を支配するようになったとしたら、果たしてその人は核のない不安を消してしまうことができるのでしょうか?

 

その人の取った行動が何か大切なものを壊してしまって、いつかは自分自身までも壊してしまう時が来るかもしれないということに、果たしてその人の「考え」は至ることがあるのでしょうか?

 

明日またひとつそういうことが見えてくるんでしょうか。

 

2016年7月9日

| ブログ |comments(0) | - |
もしかすると人生最初で最大のヤマ場かもしれないこのひと月を前に


来週10月24日からひと月ほど、もしかすると人生最大のヤマ場かもしれないこのひと月を前に。


若い頃、ソロアルバムを作りませんか?などと声をかけていただいたことがありました。でも当時そんな物にはまったく興味がなく他の人との素敵な化学反応を起こしうるバンドという形で音楽をやることにだけ力を注いでここまで来ました。

なぜそこにそれほどこだわったのかと言えば、おそらく19歳で加入したMUTE BEATで小玉さんや松永さんやゴータ、ダブちゃんに朝本、きっと彼らに出会ってしまったから、他人との化学反応のすごさを知ってしまったからなんだろうな…と今にして思います。

TOKYO SOY SOURCEでS-KENさん松竹谷 清さんOTOさんEBBYちゃんに出会って、リズムのグルーブの奥深さと面白さを教えてもらいました。

LÄ-PPISCHのマグミ、恭一、上田現に出会って自分の中のエネルギーの開放の仕方というものを知りました。

THE THRILLではユカリ姐さん、多田暁といつもロックバンドのHORNはどうあるべきなのかを考えていました。

KEMURIで津田君に出会って、それまでまったく違う世界で育ってきた者どうしがこんなにも共感し合えるのか、ということがとてつもなくうれしく思えました。

全米ツアーで40数都市を周ってたくさんのバンドを観たことで、それ以前に自分が出会った人たち自分に何かを伝えてくれた人たちがどれほど遠いかなたを見 て歩いていたのかをつくづく思いました。と、同時に自分が目指さなきゃいけない場所はまだまだ遠くて遥かに広いのだ…ということも感じました。

トロンボーンを吹けない…という身体の異変のためしばらくバンドというものを離れ、自分よりはるかに若いたくさんのバンドと様々な形で交流するようにな り、時代と音楽の置かれた状況が変わっていく中で彼らがそれにどう立ち向かっているのかも見てきました。自分の若かった頃とはまったく違ってしまった今の 時代に自分はどうあるべきか…を彼らがあらためて教えてくれました。


そしてここにいたって来週10月24日からのひと月ほどを迎えます。


ひとつはCodex Barbès。

和太鼓奏者ハルナさんに偶然出会ったことから閃いて、昨年二人で動画制作から始め、徐々にメンバーを増やしながらようやく10月24日に初お目見えです。

ジャンルやら流行やらとはまったく違うところにある自分のやりたい音楽を、遅まきながらこの歳にして初めて皆さんの前にご披露することになります。今まで にたくさんの人たちから受け取った大切な贈り物を僕とCodex Barbèsのメンバーというフィルターを通して皆さんにお渡しする日でもありますか。


そしてもうひとつはDUBFORCE。

音楽をやる増井朗人…というものに最初にして最大の灯をともしてくれたかつての盟友たちと、再び原点に戻ったような気持ちでタッグを組みます。一人一人のここまでの歩みを考えれば、30年前とは比べものにならないくらいの巨大な化学反応が起きるはずです。


どちらも今から待ちどおしくて仕方がありません。気力も充分。若い頃いつも押し潰されそうだった緊張感とはまったく別の、とても穏やかな緊張感でいっぱいです。

こんなにステージが楽しみで仕方ない!というのはいったいいつ以来か…。もしかすると生まれて初めての気分かもしれません。


10月24日(土) Codex Barbès@音楽実験室 新世界

11月13日(金) DUBFORCE@渋谷CLUB QUATTRO

11月20日(金) Codex Barbès@音楽実験室 新世界



 

| ブログ |comments(0) | - |
【CD発売のお知らせ】



大変お待たせしておりましたCodex Barbès初のCD、10月24日音楽実験室 新世界でのライブ会場にて発売開始いたします。

ぜひ会場にてご購入ください。

またライブ前にはみなさんへ期間限定のささやかなプレゼントもご用意しております。詳細はOfficial Web Site・Facebook・Twitterにてお知らせいたしますのでお見逃しなく!

10/24・11/20 Codex Barbès初ライブについてのお問い合わせ、チケットご予約はCodex Barbès Official Web Siteまでどうぞ。

| ブログ |comments(0) | - |
インタビュー掲載 その2

カウンター〜オルタナティブ〜オーガニック文化を伝えるウェブマガジンWaaca Mediaに増井朗人インタビューが掲載されました。

http://waccamedia.com/culture/242


10/24・11/20 Codex Barbès初ライブについてのお問い合わせ、チケットご予約はCodex Barbès Official Web Site http://codexbarbes.com/ まで。


 

| ブログ |comments(0) | - |
インタビュー掲載

10月24日・11月20日と2ヶ月連続でおこなわれるCodex Barbès初ライブを前にインタビューが音楽実験室 新世界のサイトに掲載されました。

ぜひご一読ください。

音楽実験室 新世界 スペシャルインタビュー

ライブチケットのご予約はCodex Barbès Official Web Siteまでどうぞ。

| ブログ |comments(0) | - |
【Codex Barbès初ライブのお知らせ】

Codex Barbèsがいよいよステージに登場!!!

10月24日(土)・11月20日(金)の2ヶ月連続、六本木・音楽実験室 新世界にて。

タイトルは『Mémoire de Barbès』(バルベスの記憶)

思わずステップを踏みたくなるような小粋で儚い、そしてまったく新しいHybrid World Musicの世界をお楽しみ下さい。

雑多な人種が集まるパリ・バルベス通りのように、世界中の様々な匂いを取り込んだゲストアーティストと共にお送りします。

第1夜10月24日(土)は今回が数年ぶりのライブとなるあのSLY MONGOOSE

第2夜11月20日(金)は松竹谷清トリオ(with エマーソン北村、山口大輔)

両日とも
入場/19:00
開演/20:00
料金/ご予約:3000円(税込)+ドリンク代
当日:3500円(税込)+ドリンク代

ご予約・お問い合わせはCodex Barbès Official Siteまたは音楽実験室 新世界まで。


 

| ブログ |comments(0) | - |
2015年7月15日

長い間こういう話題には触れていませんでした。
ブログ自体の更新もですが…。
別に関心がなくなったわけではまったくなく、ただどうすべきかをずっと密かに考えてました。

今日衆院特別委員会にて強行採決が行なわれるでしょう。
多分間違いなく。
秋には衆院本会議でも同じように強行採決でしょう。
どんなに世論が反対しても聞く耳をもつはずがありません。

先日「安倍さんちの僕ちゃん」が面白いことを言ってましたね。
「私の言うことはすべて正しい。なぜなら私は総理大臣なんだから」
この言葉にこの人の考え方がすべて表れているように思います。

普通ひとは自分で「自分の言っていることが正しい」などとは言いません。
正しいと思うならただひたすらわかってもらうために必死に説明をするだけでしょう。
ところがこの人とその仲間たちは曖昧な説明と横柄な言動を繰り返すだけ。
これは国の未来を必死に憂えている人の言動ではありません。
ただ自分たちが正しいと勝手に思い込んでいる人とその一味でしかないわけです。

以前身近に彼と似たようなタイプの人がいました。
何かあると「自分は正しい」と口にする人でした。
普段はとてもいい人にみえますが、他人が彼の考えに異を唱えると途端に威丈高になって反撃してきます。
相手が反論すればするほど自説に固執してかたくなになっていきます。
そしてどんな手を使ってでも自説を押し通します。

「安倍さんちの僕ちゃん」を見ていると彼と二重写しに見えてきます。
「安倍さんちの僕ちゃん」とその一味はまちがいなく強行採決という手段を使うでしょう。

でも考えてみればこれ当然のことかもしれません。

なぜか?

みなさん今この日本の政治体制はいったい何だと思われますか?

民主主義ですか?

僕は今年初めあたりから明らかにそうではないと考えています。

この日本の現在の政治体制を表現すると「疑似民主主義的独裁国」でしょう。

憲法違反の選挙で政権を握る。
都合の悪い報道にあからさまに圧力をかける。
憲法違反の閣議決定とかいうもので憲法自体を骨抜きにして、憲法違反の法律を作り、憲法本体を法律に合わせるとか…。

これを民主主義と呼んでいいなら中国も北朝鮮も立派な民主主義国ということになります。

でも日本には野党があるではないかとおしゃいますか?

それらまで一気になくすようなことをすれば世界中から猛批判を浴びることになるのできっとそこまでは踏み込まないんでしょう。今のところは…。その機をうかがっているのでは…とも思えたりしますが。
「野党は生かさず殺さず」が彼らの策でしょう。

そんな「疑似民主主義的独裁国」なんですから、政権党による憲法違反も世論無視もあって当然。なければ独裁国の名が泣きます。

この暑い中たくさんの方がデモに参加していらっしゃいます。
法案が通ったってどんどんやってください。お願いします。
デモで独裁にストップをかけるのは難しいかもしれませんが、少しでも目覚める人が増えるために。

学者の方々が訴訟を計画しておられるようです。
ぜひお願いします。
しかしこの国の最高裁は「高度に政治的な内容なので」とか「政治に混乱をきたすおそれがあるため」などという逃げ口上ですぐに責任を放棄します。政治が混乱するかどうかは政治の責任、そこを司法が斟酌することじたいが司法の政治への介入…ということにも気付かずに。
なので違憲判決で法律停止!は難しいでしょう。
でもさらに気付く人は増えるかもしれません。

仮にこの法案を消し去ることができたとしても、それですべて大丈夫!ではまったくないわけです。

この法案がなくなっても、特定秘密保護法は残ったままです。
歪んだ教育基本法もそのままです。
沖縄の基地もそのままです。
福島を放置したまま巨大スタジアムをおっ立ててオリンピックが行なわれます。
「安倍さんちの僕ちゃん」とその一味はそのままです。

「安倍さんちの僕ちゃん」とその一味を追い出せたとしても、自民党の別の人が代わりになってすべてを引き継ぐでしょう。

自民党を崩壊させたとしても、その背後にいる「日本会議」という団体がまた手を変えてなにか企むでしょう。

「日本会議」を葬りさることができたしても、アメリカが…。

…と今年初め以来こんなことを考え続けていました。
きりがありませんね。
でも今はそれくらいの場所にみんな立たされているのではないかと。
「それは民主主義の原則から考えておかしい」とか「それでもこの国は民主主義なんだから」などという考え方は現在にいたっては少し甘過ぎかもしれません。
この国に民主主義はほとんど残っていないかもしれません。
ならば「独裁」とどうやって戦えばいいのか?

もう少し考えてみます。

| ブログ |comments(0) | - |
今日は選挙だ。

今日は選挙だ。まったく意味のわからない選挙だが一応は選挙だ。

前回の衆院選以後、不正開票疑惑やら一票格差の放置やらマスコミ報道への恫喝などを見てもわかるとおりこの国は民主主義国ではなくなりました。

民主主義国ではないんだからきっともう選挙というものは行なわれることはないのではないか…?とずっと思ってました。

が、そうではなかったようです。

独裁国でも形だけの選挙はやるということですね。

まあ、アジア・アフリカの独裁国も一応は形だけの選挙をやって、さも政権に正統性があるかのような振りをしたりするわけで、今回の選挙もそういう独裁国の選挙と同じ意味での選挙ということですな。

選挙をやって本気で国民の意思を問う気があるなら、特定秘密保護法成立前に、集団自衛権の閣議決定前に、原発再稼働決定の前にこそやる必要がありましたよね?

それをやらなかったということは安倍某は国民が怖くて仕方ないんでしょう。

円安で大企業増収→国民にもいずれおこぼれ…?そんなことは絶対に起こりません。この論法は新自由主義の決まり文句。そんなことが起こらないのは格差拡大が止まらない今のアメリカを見れば明らかですよね?

円安で大企業増収というのも???だな。海外では日本製品の売れ行きが急上昇でもしてるんですか?違いますよね。物が売れる数が変わらないのに身入りだけ増えてる。日本企業のダメは何も改善されずただ先送りなだけ。次に円高になったらどうされるつもりなんでしょう?

消費税増税?必要なし!それより先に大企業の内部留保吐き出させたり、宗教法人に課税したり、特殊法人全廃したり、特別会計の中身を全部公開させたり、国 会議員と国家公務員の給与引き下げ…とかの方が先ではありませんか?官僚・大企業・政治家のみなさん、他人に何かを要求するならまず自分達が身を切ってか らにしましょうね。

というわけで今日の選挙では安倍某とその一味(自民党と公明党とも言う)ついでに次世代とか名乗る旧世代な方々を潰しに行くことにします!独裁者と独裁国などいらん!

…潰せないけどね。何と言ってもこの国は独裁国だから(笑)。

戦いはこの先まだまだずっ〜と続くんだ。心あるみなさん、いつか噛みつける日のために牙を研いでおきましょう。知恵をつけておきましょう。

| ブログ |comments(0) | - |
Codex Barbès第二弾制作スタート!



先日Youtubeにアップした第一弾の動画、いろいろな方から熱いメッセージやら暖かいコメントなど本当にたくさんいただきました。ありがとうございます!

音源をリリースしたわけでもないんですが、公開から2週間で再生回数1700回を超えてたり、海外からもアクセスしていただいたりなど自分でも反響に驚いています。

本当にありがとうございます。

引き続きCodex Barbès第二弾の音源と動画の制作をスタートしましたので、公開までしばしお待ち下さい。

で、「Codex Barbès」ってどういう意味ですか?という質問をいただきましたので少しだけ説明を。

「Codex」とは昔印刷技術などがなかった頃、本というのは手書きで書き写すというのが普通でした。で、そうやって大事に書き写して大事に保管されてき た写本のことをCodexと言います。このユニットはそういう物の中に遺された音をスタート地点にしているので、それにあやかってみました。

「Barbès」とはパリ市内の北寄りにある街の名前。パリに何度か行ったことがありますが、この街から北の一帯はアフリカ人やらアラブ人やらばっかりが 住んでいる地区で、パリの他の地区に住んでいる人たちはあまり近づかないらしいのですが、僕はなぜかその街に行くととても落ち着きます(笑)。そこに行く と日本ではあまり触れる機会がないアフリカやアラブの音楽が聞こえてきます。多分それが心地いいんだと思います。で、この街にいるアフリカ人やらアラブ人 やらがいろいろな音楽をミックスしながら素敵な音楽を作り出しているという街でもあります。

Codex Barbèsではトロンボーンに和太鼓さらにこの後他の楽器を加えながら、Barbès
の街で聞こえてくるかもしれない…と自分が勝手に想像している音を作っていけるといいな…と思ってます。

まだ始まったばかりですが、Codex Barbèsをよろしくお願いします。

第二弾の動画が出来上がるまでしばしの間、またこちらをお楽しみ下さい。

Codex Barbès
「Stella splendens in monte」
http://youtu.be/8IcBrDLqhe8

| ブログ |comments(0) | - |
アルファ波



「あの曲アルファ波が出てませんか…?」
と問い合わせを受けました。

あ、あの曲というのは最近動画を公開した新しいユニット「Codex Barbès」のStella splendens in monteという曲のお話。

なんでもその方の知り合いが落ち込んで心臓がバクバクして…とメールしてきたので、ためしにこれを聴いてみて…とこの曲を送ったら、相手の方は聴いてるうちに本当に落ち着いてそのまま眠れてしまったとか…。

さあて…そんなもの入れた覚えはまったくないんですけど…。

調べてみるとアルファ波は脳波のうち8〜13ヘルツの成分のことらしいんですが、通常この帯域は人間の耳では聴こえないとされてます。

そんな音がもし含まれているんだとすると犯人は和太鼓か…?
それとも写真のような編集段階で何か仕込まれたか…?
トロンボーンのせいではありませんよ。絶対に。

まあ犯人が誰かは置いておいて、本当にそんな効果があるなら自分でも試してみようかと思ってやめました。おそらく自分の演奏の粗が耳について眠れなくなりますから…。

どなたか落ち着かない・眠れない時にこの曲を聴いて試していただけませんかねえ?で、本当にそんな効果があるのかぜひレポートお願いします(笑)。

「Codex Barbès」Stella splendens in monte

http://youtu.be/8IcBrDLqhe8

再生時はぜひ設定を「1080HD」でどうぞ。

| ブログ |comments(0) | - |
WHAT'S NEW?
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
twitter
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
OTHERS