先日アップした動画、見ていただけましたか?


先日アップした動画は見ていただけましたか?

今までSKA・REGGAEからROCKというフィールドに足場をおいてずっと活動してきたROCK TROMBONE MASTERのワタクシですが、以前からそことは違う場所で新しいものを作ってみたい…と漠然と考えていました。

そんな中、昨年の春頃GOCOOという和太鼓チームのライブを誘われて観に行き、その中の一人の方にとても興味を持ちました。

それが今回「Codex Barbès」というユニットを一緒に立ち上げた和太鼓奏者のHARUNAさん。

僕の目から見て彼女のプレイがリズムのとらえかたやら無駄をそぎ落とした動きやらとてもすばらしいと感じました。

その後人づてに彼女を紹介していただき一緒にユニットを作ることに。

ですが、さて中身はどうするか?和太鼓という楽器をどう生かすか?

Youtubeを見てみると和太鼓と他の楽器の取り合わせというものはほとんどない。あってもそのほとんどがいわゆる「和風」のものばかり。

しかし和太鼓使って「和風」ではあまりに短絡的ではないかな?というのが僕の正直な感想。さらに、日本人ですが「和風」というものにあまり触れてきたことがない自分のような者が、安易にそこに触れていいものかどうかも…?

和太鼓の音をよく聴くと独特の鳴りと響きがあります。高い音も低い音も太めのバチを使うことで、なんとも言えない強さと太さが出てきます。

なのでドラムともラテン・パーカッションともアフリカン・パーカションとも違うひとつのパーカションととらえて、さらにその上にもうひとつ別の世界観をプ ラスしたらどうなるか?と思い、自分が子供の頃から好きだったクラシック以前、ルネッサンスやさらに古い中世の音楽を自分の解釈でアレンジしてみました。 すると…。

う〜ん、気持ちいい〜〜

この時代の音楽は今の長調・短調という音階とは違うもっと複雑で微妙な「モード(教会旋法)」という音階でできていて、これが独特で微妙で無国籍な空気を 作り出してくれます。例えばエリック・サティの「ジムノペディ」やらマイルス・デイヴィスの「マイルストーン」などはこの「モード」という音階を使ってで きています。

ドラムもベースもギターも歌もなしで、でも何か心の深いところに届くようなものを…と考えていたので、この「微妙」な「モード」というのが今の自分に一番ピッタリくるな…と感じています。

今の自分の内側を表現できる素敵なツールを見つけてしまいました。

このきっかけをくれたHARUNAさんとGOCOOの皆さんに感謝!



こちらからぜひ「Codex Barbès」の音を聴いてみてください。

http://youtu.be/8IcBrDLqhe8

再生時はぜひ設定を「1080HD」でどうぞ。

| ブログ |comments(0) | - |
本日公開 Codex Barbès

今年春頃から制作していた動画ができあがりました。

『Codex Barbès』
和太鼓奏者Haruna(from GOCOO)さんとのユニットですが、今後メンバーを少しずつ増強の予定です。

曲は「Stella splendens in monte」
「モンセラートの朱い本」と呼ばれている14世紀終わり頃スペインの
歌曲集に入っている曲をアレンジしてみました。

音源のリリースなどは今のところ何も考えていませんので、こちらの動画のみでお楽しみください。

ちなみに再生時はぜひとも設定を「1080HD」で空間のひろがりを楽しんでください。

『Codex Barbès』引き続き第二弾も制作中です。


| ブログ |comments(0) | - |
故松永孝義氏の貴重なインタビュー映像



元MUTE BEATの同僚にして音楽の先達、故松永孝義氏の貴重なインタビュー映像が公開されました!

ぜひご覧ください!

1/4…とあるので続編もありです。
そちらは公開されたら随時こちらにてお知らせします。


ところでその松永氏の「Quarter Note」はチェックされましたか?
ぼちぼち本当になくなるかも…(笑)。

貴重な音源なのでお早めに。


 

| ブログ |comments(0) | - |
動画の撮影と「干物」について



月曜日、朝早くから撮影でした。
先日来作っていた音源用の動画のため。
睡眠時間は1時間ほどだったのでず〜っと眠かった…。
でもいいのが撮れたはず…(笑)。
場所は千葉県北部にある古風な雰囲気のレストラン。
いいところでした。
仕上がりが楽しみですが、さていつ頃になるでしょうか…?


…でそんなことをしている間にまたひとつ世間が動いてますね。

「集団自衛権」?ふ〜ん。
ちゃんちゃら可笑しい。
ヘソが茶を沸かしそうだわ。
豆腐の角に頭ぶつけて死んでみた方がよろしいのでは?

抗議のため焼身した方には頭が下がります。
国会前のデモに参加した方々にも同様。
抗議しないよりした方がいい。
が、それでは変えることも止めることも多分難しい。
それはこの国の歴史が証明しています。

「原発事故以後、普通の人たちや若い人たちがどんどんデモに参加するようになった。この流れがもっと大きくなればいつかきっと変わるはず。」
といった言葉を目にすることがあります。本当にそうであって欲しいと願ってます。

が、政治の中枢にいる者たち(過去現在を含めて)はこういう普通の人たちの抗議行動について、適度なガス抜きとして放置すればいい…程度にしか考えていないのでは?

自分とは意見が違う人の話を正面から真剣に聞く…というのは、聞く側に相当な度量と器が必要です。
ましてそれを聞いて自分の非を改める…というのはなかなかできるものではありません。

と考えると、さて今の政権中枢にいる者たちにそんな度量や器があるでしょうか?
…多分、いや絶対にないでしょう(笑)。

でもその抗議の声がもっと大きくなれば、選挙を考えるとそういう声を無視できなくなるのでは?

そうですね。でも100万人くらいが動いた程度では難しいかと思います。
最低でも衆院全選挙区選挙民の半数以上が抗議しないことには影響はないでしょう。かつてインドのガンジーやポーランドの連帯がとった方法、それ以上の考えられるすべての方法を一斉にとる…くらい徹底しないと。

政治家というのは、特に現政権にかぎらず自民党中枢の者たちというのは、自分たちと利害の一致する人、自分たちに利をもたらす人(利権とも言う)の言葉にしか耳を貸さないと思われます。30年以上前からこの者たちへの不信感で見続けていますが、ずっと変わりません。

公共事業をばらまいて、景気上向きか!?のような幻想をばらまいて、オリンピックとかいう餌もぶら下げて、あわよくば自分もそれにあやかりたい…とすり寄ってくる人たちを取り込んで、異を唱える人の言うことは「聞き置く」だけ。

現政権に限らずこれがずっと変わらない自民党という組織のやり方。

ということは、そこにすり寄っていく人が絶えない限りこの方法はいつまでも続いていくということです。

つまり自民党を徹底的に干さない限り、いつまでたっても普通の僕たちは理不尽やら不合理やらを押しつけられ続ける…ということになります。

現政権になってからの原発推進も、特定秘密保護法も、集団自衛権についても、すべて事の発端は戦後少したってから起きた「逆コース」といわれるものにあります。

アメリカが日本を理想的民主主義国にするという目標を180度転換、再軍備させてその軍事力を利用することにした…ということ。

それによって戦犯として不必要人間だった岸信介やら中曽根康弘が政治家として復活。

その岸信介が安保を強行、中曽根康弘が原発導入の口火を切る。
そして岸信介の孫、安倍晋三が過去の負の遺産をふたたび徹底的に国民に押し付ける。

簡単に書くとこういう構図になります。

つまり自民党というものもこの国の政治の構造もず〜っと長いあいだ何も変わっていないということ。

原発問題も特定秘密保護法も集団自衛権も、個別の問題に反対しているだけでは解決できないほど根が深いということです。

こういうものをいったん0に戻して1から考えるためには、とにもかくにも自民党という組織を干して干して干しまくって、残念な過去の遺産として葬り去ることができなければと難しいということです。

さてこれができるでしょうか?

小さな会社が生活のために公共事業に期待するのを頭から否定することはなかなかできません。

だからこれはそれぞれの人の意識次第ということになります。

あなたはどうしますか?

僕は自民党干物化計画で行きます。まあこれは自分も干物になるかもしれないということですが…(笑)。

でも未来の子供たちのことを思えばそうするしかないでしょう。

| ブログ |comments(0) | - |
1週間たちました

故松永孝義、最後の音源「QUARTER NOTE」。

発売から1週間たちましたが、もう確保済みですか?

プレス枚数が多くないので、躊躇してると容赦なく無くなります…。

なのでお早めにどうぞ!

| ブログ |comments(0) | - |
取材。屋敷豪太氏と再会。



MUTE BEAT時代の同僚、屋敷豪太氏と取材で久々の再会。
去年京都METROで偶然会って以来かな。
話題の中身はもちろん「THE MAIN MAN」松永孝義氏について。
懐かしい話やらここだけの裏話に花が咲きました。
さて、どこまで記事になるのでしょうか…(笑)。
詳しくは近々のCINRAhttp://www.cinra.net/にてどうぞ

じつはここ最近「ソトコト」「OTOTOY」「MUSIC MAGAZINE」と取材をうけることが続いてました。
松永さんのライブアルバム「QUARTER NOTE」発売と7月11日の発売記念ライブのため。

ご本人不在ということで(当然ですが…)MUTE BEAT時代初期から一緒で、
「THE MAIN MAN」のアルバムまで参加した唯一の者としていろいろお話をしました。

MUTE BEATとは別のところで一緒に活動されていた方ともご一緒させていただいて自分の知らない松永さんの一面をかいま見たり、彼がどれほど偉大なプレイヤー だったかということについてあらためて噛みしめてみたり、そんな彼と出会えて一緒に音楽ができた自分がどれほど幸せ者だったか…ということを思い知らされ たり…。

で、やはりこう思いました。
「音楽の神髄に触れたいと思うなら松永さんの音を聴け!」

残念ながらもう彼はこの世にはいないんですが、彼の残した最後の音源「QUARTER NOTE」それに7月11日のライブで、ぜひそのかけらに触れてみてください。

詳細はこちらhttp://matsunagatakayoshi.wix.com/homeまで

OTOTOYhttp://ototoy.jp/top/では今回のアルバムを先行ダウンロードできるようです

よろしく!

| ブログ |comments(0) | - |
松永孝義氏、最後の音



一昨年亡くなったMUTE BEATの同僚にしてミュージシャンとしての大先達、ベーシスト松永孝義氏のライブ音源が6月18日に発売されます。

彼の唯一のソロアルバム『THE MAIN MAN』のツアー時の音源です。

もちろん僕も参加しております。

7月11日には西麻布「新世界」にて発売記念のライブも行なわれます。

詳細はhttp://matsunagatakayoshi.wix.com/home

MUTE BEAT在籍時の初期、僕は20才そこそこの若造で
音楽について、トロンボーンを吹くということについて悩んで
底なしの泥沼にはまっていた時、
彼の一言が僕を救ってくれました。
「増井、俺たちはさ、ひたすら上手くなることしかないんだよ。それしかできることはないんだよ。」
上手くなる…もちろん技術だけの話ではないでしょう。
そこにはいろいろなことが含み込まれているでしょう。
ただ彼からもらったこの一言のおかげで
僕は今でも音楽を続けています。

生前の彼を知っている人もそうではない人も、
ぜひこの偉大なベーシストの音を聴いてみてください。

 

| ブログ |comments(0) | - |
THE MAN×カルメラ Club Circuit Tour決定!

 

「THE MAN×カルメラ Club Circuit Tour」

 

◆10月19日(土)静岡/沼津 洋食酒家numazuバル
◆10月20日(日)大阪/梅田クラブクアトロ
◆11月8日 (金)京都/メトロ
◆11月10日(日)長野/伊那GRAMHOUSE
◆11月22日(金)福岡/Early Believers ※NEW!!
◆11月23日(土)広島/MUGEN5610
※ご注意:11月22日より公演日が変更になりました。
◆11月24日(日)宮崎/WEATHERKING
 
※チケット価格、開場/開演時間等のイベント詳細は決定次第お知らせいたします。
 
THE MAN Official website  http://the-man.jp/
カルメラ Official website  http://www.calmera.jp/

| ブログ |comments(0) | - |
気仙沼にて





 何もなくなってたくさんの家の土台だけ残ってる中に巨大な船が一艘。

この船は盆明けに解体される。

そしたらこの場所は何かがあった痕跡だけの場所になる。

船の残骸には驚くけど、たくさんの家の土台に比べたら大したことではない。

この土台の上にたくさんの人の生活があったことを思うと苦し過ぎる。

家の敷地と思われる場所をできるだけ踏まずに歩きまわってみた。

小さい祭壇が作ってあった。線香がないのでタバコを一本供えて手を合わせてきた。

この場所がこんなになってしまった日からいろんなことが起こって、そのすべてをきっかけにしてこの国は大きく変わらなきゃいけない…と思い続けているけど、気がつけばすべてがあの日以前と同じように、もしかするとそれ以上に酷いところへ向かおうとしている。

ここを忘れるなよ!…と言われ続けているんですよ。僕たちは。

| ブログ |comments(0) | - |
THE MAN FIRST ALBUM

 

THE MAN 1st ALBUM 「THE MAN」

 

THE MAN 1st ALBUM 「THE MAN」
2013.5.5 Release

プリント

 

1,Charles Bukowski
2,Rudies on the law
3,GABBA GABBA HEY
4,Serenade
5,Let me burn
6,in the shade
7,The melancholy of Capo
8,It go straight to you
9,shining

 

Taboo Records
¥2,000(tax in)
 
【Youtube】
THE MAN 1st Album Trailer http://youtu.be/3vRc29i3JyM
 
<ご購入方法>
1.お名前(カタカナ):
2.ご購入枚数:
3.住所 :〒
4.電話番号:
5.メールアドレス:

 

以上5点を明記の上、info@the-man.jp へお送りください。
折り返し、ご購入の詳細をメールにて送らせて頂きます。

 

※携帯電話のアドレスをご使用の場合、設定によりこちらからの返信が届かない場合があります。

[info@the-man.jp]が受信できるように、迷惑メール対策解除・ドメイン指定受信をお願い致します。

 

※1週間を経過しても購入のご案内メールが届かない場合は

メール通信上の事故が予想されますので、お手数ですが再度ご送信ください。

 

※ご注意
当サイトにてご購入される場合、商品代金の他に送料と梱包手数料として別途¥500を
頂きますので、予めご了承頂きますよう、お願い申し上げます。
 
【Facebook】
https://www.facebook.com/THEMAN.official
【Youtube channel】
http://www.youtube.com/user/THEMANofficialtube

| ブログ |comments(1) | - |
WHAT'S NEW?
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
twitter
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
OTHERS